トヨタ:プリウス、リコールの公算-米で124件の報告

トヨタ自動車は4日、政府からハイ ブリッド車「プリウス」のブレーキの調査を指示されたことを受け、 日本国内で新型プリウスのリコール(無料の回収・修理)を実施する 公算があると表明した。

日経英文ニュースはこれに先立ち、トヨタが日米で計27万台の プリウスを対象にリコールを実施すると報じた。情報源は明らかにし なかった。米運輸省当局者1人によると、道路交通安全局(NHTS A)はまだいずれの国に関してもリコールの確認を受けていない。

トヨタ米販売部門の広報担当、マイク・ミシェルズ氏は米国での リコールについて「確認していない」と語った。また、日本における 決定にコメントする立場にないと述べた。

米運輸省は2010年型プリウスでブレーキの不具合が報告された ことを受け、調査を進めている。

同省のNHTSAは4日、この問題に関連して消費者からこれま でに124件の報告を受けたと発表。うち4件では事故が起き、2人が 「軽傷」を負ったとしている。

ラフード米運輸長官は4日、「安全はわれわれの最優先事項だ」と 強調。「この問題を引き続き注視していく」との声明を発表した。

また同声明によれば、ラフード長官はトヨタの豊田章男社長と3 日「遅く」に協議した。豊田社長は同長官に対し、トヨタが安全をめ ぐる米国の懸念を真剣に受け止め、安全性が同社の最優先事項である ことをあらためて表明したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE