グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は、4日ぶりに反落。商品相場安を受けて資源株が 売られたほか、交通銀行の増資が必要との報道に反応し、中国本土の 銀行株も安くなった。

アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は3.7%安。産銅大手の江西銅業(358 HK)は3.9%下落した。

交通銀(3328 HK)は1.7%の下げ。中国紙、第一財経日報は、 交通銀が資金調達のため同国財政省に株式を売却する可能性があると 報じた。中国工商銀行(ICBC、1398 HK)は2.4%安。中国銀 行(3988 HK)は1%下落。

ハンセン指数は前日比380.44ポイント(1.8%)安の

20341.64で終了。昨日までの3日間では3%上げていた。ハンセン 中国企業株(H株)指数は前日比2%安の11605.88。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が下落。資源株が下げた。一方、 14日に始まる春節(旧正月)で旅行関連の支出が増加するとの見方 から観光関連株が買われた。

銅生産で中国最大手の江西銅業(600362 CH)は2.8%安。金 属相場安が響いた。製鉄国内最大手、宝山鋼鉄(600019 CH)は

0.5%、中国石油化工(Sinopec、600028 CH)は1.3%そ れぞれ値下がりした。

同国ホテル運営最大手の上海錦江国際酒店発展(600754 CH) は3.4%高。上海東方明珠塔(オリエンタル・パールTVタワー)を 運営する上海東方明珠(600832 CH)は7.4%高。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比8.53ポイント(0.3%)安の

2995.31で終了。上昇銘柄と下落銘柄の割合は約2対1。3日は

2.4%上げ、昨年12月24日以来の大幅な上昇率となっていた。上 海、深セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日比

0.4%安の3218.8。

精熙投資管理のファンドマネジャー、王征氏は「需要が押し上げ られる春節を控えて観光関連株が上昇した」と指摘。「中国当局が金 融政策を引き締めることで、資源需要が落ち込むことを投資家は引き 続き懸念している」と語った。

【インド株式市況】

インド株式相場は1週間で最大の下げとなった。インド政府の保 有株売却を通じたインフラ投資向けの資金調達額が予想を下回るとの 懸念で、建設株が売られた。携帯電話銘柄も安い。

ダムや道路建設を手がけるジャイプラカシュ・アソシエーツは3 カ月ぶり安値を付けた。インド政府が売却する国有電力会社、NTP Cの株式4億1200万株に対して80%の応募しかなったことなどが 売り材料。携帯電話サービス最大手のブハルティ・エアテルは1.6% 下げた。第3世代(3G)携帯電話サービスのライセンス入札の延期 が嫌気された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種株価指数は前日比

271.10ポイント(1.6%)安の16224.95と、先月27日以来で最 大の値下がり。

ジャイプラカシュ(JPA IN)は4.5%安の131.20ルピーと、 昨年11月3日以来の安値で引けた。ブハルティ(BHARTI IN)終値 は304.10ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比26.3ポイント(0.6%)安の4621.6。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1.40ポイント(0.1%)高の

1616.42。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比5.94ポイント(0.1%)安の7542.04。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比19.86ポイント(0.7%)安の2744.98。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比2.12ポイン ト(0.2%)安の1265.03。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比5.13ポイント(0.7%)安の702.52。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比11.33ポイント(0.4%)安の

2593.22。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比30.06ポイント(1%)高の

2914.87。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE