グラクソ:10-12月の1株利益、予想以上-経費節減拡大へ

英医薬品大手グラクソ・スミスクラ インの2009年10-12月(第4四半期)決算では、一部項目を除いた ベースの1株当たり利益がアナリスト予想を上回った。新型インフル エンザ(豚インフルエンザ)向けワクチンが売り上げ増加に寄与した。 同社はまた、経費節減計画を拡大する方針を示した。

10-12月期の調整後ベースの1株当たり利益は35.4ペンスに 増加。ブルームバーグがまとめたアナリスト16人の予想平均は

33.5ペンスだった。4日の発表資料によると、純利益は16億3000 万ポンドと、前年同期の9億8200万ポンドから増加した。売上高は 前年同期比17%増の80億9000万ポンド。

グラクソはまた、12年までの経費節減額を5億ポンド拡大した。 これまでの計画では11年までに17億ポンドの節約だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE