ストロスカーンIMF専務理事、任期短縮検討も-仏政界への復帰で

国際通貨基金(IMF)のストロス カーン専務理事は、フランスの政界に復帰するため、専務理事として の任期の短縮を検討する公算があることを明らかにした。

元フランス財務相のストロスカーン専務理事は4日、仏ラジオ局 RTLで、2012年に実施される仏大統領選に立候補する可能性につい て、「IMFでの任務を全うするつもりだが、自問自答をするような特 定の状況下となれば、立候補する」と述べた。

同専務理事の5年間の任期は12年11月で終了する。サルコジ仏 大統領の任期は12年まで。

-- Editor: James Hertling

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Gregory Viscusi at +33-1-5365-5068 or gviscusi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Hertling at +33-1-5365-5075 or jhertling@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE