スペイン政府の借り入れコスト上昇、3年債入札で-財政赤字を懸念

スペイン政府が4日実施した3年物 の国債入札で借り入れコストが上昇した。同国の財政赤字縮小への取 り組みに対する懸念が高まったことが背景。

3年債25億ユーロ(3140億円)の入札での利回りは2.63%とな った。昨年12月3日に実施した際は2.14%だった。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バン キングの債券ストラテジスト、コーネリアス・パープス氏(ミュンヘ ン在勤)は、「市場の注目はスペインとポルトガルに移りつつある。両 国の財政赤字削減計画は、ギリシャと比べると全く意欲的ではない」 と語った。

この日のスペイン国債相場は下落。2年債利回りはマドリード時 間午前10時42分(日本時間午後6時42分)現在、前日比8ベーシス ポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.24%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE