横綱・朝青龍が引退、「けじめをつける」-優勝25回、歴代3位

大相撲の横綱・朝青龍(本名ドル ゴルスレン・ダグワドルジ)が4日午後、国技館(東京都墨田区)で 記者会見し現役引退を表明した。朝青龍は記者会見で「けじめをつけ る必要がある」と述べた。

朝青龍は大相撲初場所開催中の1月16日未明、東京都内で酒に 酔って飲食店で働く男性を暴行した疑いがあるとし、日本相撲協会が 4日、朝青龍と師匠の高砂親方(元大関朝潮)を理事会に招集してい た。

朝青龍は1980年生まれ、モンゴル出身。97年高知・明徳義塾 高校に相撲留学し、その後中退して若松部屋(現在の高砂部屋)入り した。2001年初場所で新入幕、03年に第68代横綱に昇進した。外 国出身の横綱は曙、武蔵丸に次いで史上3人目で、モンゴル出身から は初めてだった。

2007年7月腰痛を理由に夏巡業の休場を申請しながらモンゴル でサッカーに興じていた問題で、日本相撲協会は朝青龍に対して2場 所の出場停止などの処分を行った。横綱が本場所に出場停止となるの は初めてのことだった。2010年1月の初場所を含め優勝は25回で 歴代3位の記録だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE