中国株(終了):上海総合指数は下落、資源株安い-旅行関連は上昇

中国株式市場では、上海総合指数が 下落。資源株が下げた。一方、14日に始まる春節(旧正月)で旅行関 連の支出が増加するとの見方から観光関連株が買われた。

銅生産で中国最大手の江西銅業(600362 CH)は2.8%安。金属相 場安が響いた。製鉄国内最大手、宝山鋼鉄(600019 CH)は0.5%、中 国石油化工(Sinopec、600028 CH)は1.3%それぞれ値下がり した。

同国ホテル運営最大手の上海錦江国際酒店発展(600754 CH)は

3.4%高。上海東方明珠塔(オリエンタル・パールTVタワー)を運営 する上海東方明珠(600832 CH)は7.4%高。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は前日比8.53ポイント(0.3%)安の2995.31で 終了。上昇銘柄と下落銘柄の割合は約2対1。3日は2.4%上げ、昨 年12月24日以来の大幅な上昇率となっていた。上海、深セン両証取 のA株に連動しているCSI300指数は前日比0.4%安の3218.8。

精熙投資管理のファンドマネジャー、王征氏は「需要が押し上げ られる春節を控えて観光関連株が上昇した」と指摘。「中国当局が金融 政策を引き締めることで、資源需要が落ち込むことを投資家は引き続 き懸念している」と語った。

-- Zhang Shidong. With assistance from Jiang Jianguo in Shanghai. Editors: Richard Frost, Allen Wan

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE