インドネシア中銀:政策金利を6.5%に据え置き-予想通り(Update1)

インドネシア中央銀行は政策金利を 6カ月連続で6.5%に据え置いた。利上げが必要なほどインフレの脅 威は大きくないと判断した。

インドネシア中銀は4日、現在の政策金利が2005年7月に導入さ れて以来で最も低い水準に政策金利を据え置いた。ブルームバーグ・ ニュースの調査では、エコノミスト23人全員が据え置きを予想してい た。一方、17人のうち12人は、同中銀が6月末までに利上げすると みている。

インドネシアでは、消費者物価指数(CPI)が昨年5月以来の 急ピッチな上昇となっている。ジュニマン氏らバンク・インターナシ ョナル・インドネシアのエコノミストは、同国中銀が成長を損なわな いように向こう数カ月にわたって政策金利を据え置くと考えている。

ジュニマン氏は政策発表に先立ち、「インドネシアは現在、インフ レではなく成長を重視している」と指摘。「世界的な商品相場高を背景 にインフレが加速するのに伴い、中銀は7-9月(第3四半期)から 利上げを開始する可能性がある」と語った。

-- With assistance from Berni Moestafa in Jakarta and Michael Munoz in Hong Kong. Editors: Stephanie Phang, Greg Ahlstrand

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 東京 角田正美 Masami Kakuta +81-3-3201-3157 mkakuta@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Aloysius Unditu in Jakarta at +62-21 2355 3028 or aunditu@blomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey in Tokyo at +813-3201-7533 or canstey@bloomberg.net

%IDR

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE