韓国サムスン電子:携帯電話機の出荷台数、10年は19%増加へ

携帯電話機メーカーで世界2位の 韓国サムスン電子は、2010年の携帯電話機出荷台数がスマートフォ ン需要を追い風に、前年比19%増の2億7000万台強に達する可能性 があるとの見方を示した。

移動体通信部門社長のJ・K・シン氏は4日にソウルで記者団に 対し、「当社の出荷の伸びは業界の2倍を超える見通しだ」と述べ、 「多様な基本ソフト(OS)やアプリケーションをサポートするスマ ートフォンの提供で当社は差別化を図る計画だ」と説明した。

サムスン電子の09年の出荷台数は2億2700万台だった。同社は 4日、今年のスマートフォン出荷台数を600万台から3倍に拡大する 目標を示した。具体的な数字は提示しなかった。調査会社アイサプラ イの先月発表した試算によると、10年のスマートフォンの世界販売台 数は32%増の2億3900万台、11年は34%増加の見込み。モルガン・ スタンレーによると、世界の携帯電話市場は10年に10%増加し12億 台となる見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE