平野氏:トヨタは懸念払しょくへ早期対応を-リコール問題

平野博文官房長官は4日午後の記 者会見で、トヨタ自動車をめぐる一連のリコール問題について、トヨ タ車の安全性への懸念を払しょくするため、早期の対応を取るよう同 社に求めた。同社のハイブリッド車の新型「プリウス」のブレーキに 関する不具合については関係大臣で原因究明、調査に取り組んでいる ことを強調した。

平野氏は、海外ではトヨタが世界的に急成長を続けた中で安全面 をなおざりにしてきた結果だという指摘があるがとの質問に対し、 「そういう批判を受けているということは事実かもしれないが、早く その批判を払拭(しょく)いただくような対応をしてほしい」と語っ た。

日本国内でも苦情が相次いでいるプリウスの不具合に関して平 野氏は、「なぜ発生したかという事実関係がよく分かっていないので、 それぞれ所管の大臣、経済産業大臣、国土交通大臣、消費者担当を含 めて原因究明および調査をしている」と述べた。その上で「その状況 が分からない中での受け止めはわたしから発信することは差し控え たい」と語った。

同氏は、「命にかかわるところもあるから、十分対応について留 意をしてもらわないといけない。そういう思いで今精査をしていると 理解してほしい」とも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE