中国国家主席による経済モデル変革の要請、回復確信の表れ-米メリル

中国の胡錦濤国家主席が、同国の 経済モデルの変革で「後れを取らない」よう呼び掛けたことについ て、米バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチは、政府が 国内の景気回復を確信している表れだと指摘した。

胡主席は、3日に北京で開催された会合で政府当局者らに対し、 「長期的で困難な」任務となる経済モデルの変革を加速するよう求 めた。国営新華社通信が同日報じたもので、輸出と投資への依存度 を引き下げる一方で、サービス業や消費、テクノロジー分野を伸ば すことが中国政府の目標だと説明したという。

胡主席は、輸出減少のきっかけとなった世界の金融危機により、 成長モデル変革の必要性が鮮明になったと指摘。中国の国内消費を 拡大すれば、世界的なリセッションの原因だった可能性のある支出 と貯蓄の不均衡が是正される公算がある。

BOAメリルリンチのエコノミスト、陸挺氏は「中国の指導者 は景気回復をより強く確信したため、経済を再び構造改革路線に戻 したいと考えている。2007年まで続いた構造改革は、金融危機で中 断された」と指摘。「中国の成長率は今年10.1%前後でピークに達 した後、政府による成長モデルの調整に伴い、向こう数年間は9% 付近に鈍化する可能性がある」との見通しを示した。

中国の昨年の成長率は8.7%と、政府目標の8%を上回った。 それ以前の5年間の平均は10.9%。

--Li Yanping. Editors: Paul Panckhurst, Michael Forsythe.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +81-3-3201-7553 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE