オリックス:4-12月期純利益は2倍の274億円-海外業務の好調で

オリックスの2009年4-12月期連結 純利益(米国会計基準)は、前年同期比約2倍の274億円に拡大した。 米国市場での株式・債券取引やアジアの投融資事業など海外業務が好調 だったのに加え、保険、証券など個人営業部門も増益に寄与した。

同社が東証で4日に同時開示した決算短信によると、10年3月期通 期の連結純利益見通しは360億円と従来に比べ60億円増額修正した。法 人金融サービス、投資銀行事業の両部門は減益幅が縮小した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE