トヨタ常務「必要ないと判断した」、プリウス問題公表遅延で-日経

トヨタ自動車の高田充常務は4日、 ハイブリッド車「プリウス」のブレーキに不具合があるとの苦情が頻発 している問題の公表が遅かったことについて「(運転者の)フィーリン グの問題で、公表する必要ないと判断した」と述べた、と日経テレコン が報じた。福島瑞穂消費者担当相との面談後、消費者庁で記者団の質問 に答えたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE