中国株(午前):下落、資源株が安い-融資引き締め懸念や商品安で

4日午前の中国株式相場は下落。資 源関連株を中心に売られた。中国政府が過剰生産能力を減らすため鉄 鋼メーカー向け融資を引き締めるとの懸念が強まったほか、資源の値 下がりも手掛かりとなった。

中国の製鉄最大手、宝山鋼鉄(600019 CH)は0.9%安、産銅国内 最大手の江西銅業(600362 CH)は2.5%下落した。一方、チベット旅 行と医薬品に関連した銘柄が上昇し、指数の下げを抑えた。中国政府 がチベット自治区向けの景気刺激策を増額し、業界再編を促すとの観 測が背景。

上海好望角股權投資管理の鄭拓社長は「市場は引き締めにやや過 剰反応している。冷静さを取り戻せば、株価は徐々に回復へ向かうだ ろう」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、 前日比15.67ポイント(0.5%)安の2988.17。上海、深セン両証取の A株に連動するCSI300指数は同0.6%安の3212.57。

--Zhang Shidong. With assistance from Jiang Jianguo in Shanghai. Editors: Richard Frost, Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Linus Chua at +65-6212-1530 or lchua@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE