オバマ米大統領、北朝鮮の「テロ支援国家」指定解除を継続

オバマ米大統領は3日、北朝鮮の 「テロ支援国家」指定解除を継続する決定を下した。

大統領は議会指導者への書簡で、北朝鮮は指定に必要な「法律 上の基準を満たしていない」と説明した。指定国・地域には自動的 に制裁が科される。

米国は1988年、北朝鮮をテロ支援国家に指定。それ以降指定を 続けてきたが、2008年に北朝鮮が核施設の査察に同意したのを受け、 ブッシュ大統領(当時)が指定を解除した。

クリントン国務長官は昨年6月、北朝鮮が核実験を実施したの を受け、米政府が再指定を検討していると明らかにしていた。

米国務省によると、現在テロ支援国家に指定されているのはキ ューバ、イラン、スーダン、シリア。

-- Editors: Joe Sobczyk, Don Frederick

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Hans Nichols in Washington at +1-202-624-1871 or hnichols2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jim Kirk at +1-202-654-4315 or jkirk12@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE