中村日銀委員:市場より先に取り組まないと大変-財政再建

日本銀行の中村清次審議委員は4 日午後、福岡市内で会見し、財政規律への懸念から長期金利が上昇す れば「大変なことになる」と述べた。さらに、長期金利が財政規律へ の懸念から上昇するより先に、政府が財政再建策に取り組まなければ 「大変なことになる」と繰り返した。

中村委員はこれに先立ち行った講演で「最近は政府債務の持続可 能性に関する懸念が世界的に高まりつつある」と指摘。「わが国も足 元の財政状況をみる限り、決して対岸の火事として安穏としていられ ない」とした上で、「中長期的な財政再建策について真剣に検討し、 持続可能なバランスが取れた成長につなげていく必要がある」と述べ た。

政府要人が「日銀と一体となって」デフレを克服していくと繰り 返していることについては、「日銀法にあるように、政府と緊密な意 思疎通を図っていくことは当然」としながらも、「金融政策自体は金 融政策決定会合で決めていくので、合体してうんぬんということは違 うと思う」と述べた。

中村委員は中長期的な財政再建の必要性について「足元では海外 もそうだが、いろいろな景気刺激策によって持っている面もあるので、 これを今どうこうということではない」としながらも、今は低水準に とどまっている外国人の国債保有比率が「これから先どうなるのか分 からない」と指摘。そろそろ、財政再建の道筋を考えなければならな いのではないかとの認識を示した。

今は相当緩和的

中村委員はまた、「経済が発展して長期金利が上がっていくのは 通常の姿だ」として、景気の回復による長期金利の上昇は容認する姿 勢を示す一方で、財政規律に対する懸念など「リスクプレミアムが高 騰すると大変なことになる」と強調。「これは、今年とかすぐに起こ るとは思えないが、やはり市場より先に取り組んで行かなければ大変 なことになるのではないか」と語った。

金融政策運営については「デフレ脱却に関して、金融緩和が足り ないという意見もあるが、今は相当緩和的な金融政策を行っており、 必要な資金は潤沢に供給している」と述べた。

中村委員は講演で、日銀が2001年から06年にかけて行った量的 緩和政策は「効果は小さかったように思う」と述べた上で、デフレを 脱却するためには「生産性向上を反映した中長期的な所得増加期待を 高めていくことが肝要だ」との見方を示した。

有効な手立てがあれば考える

中村委員はかつての量的緩和政策について「効果がなかったと言 っているわけではない。過剰債務と過剰設備といった構造的な問題の 調整を促し、前向きな動きを後押しした。当時は金融機関の流動性に 対する不安があったので、金融システムの安定確保という点でもかな り効果があった」と述べた。

先行きの金融政策運営については「デフレという問題があるし、 中小企業は資金繰りが苦しいということもあるので、緩和的な金融環 境を維持していかなければならないし、それに対して、もっと有効な 手立てがあれば、それは取り組んでいく必要があると考えている」と 語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE