米エスティローダー:中国が成長の鍵、600都市で製品販売を検討

「クリニーク」や「ボビーブラウ ン」ブランドを展開する化粧品メーカーの米エスティローダーは、 中国とブラジルが成長の鍵を握るとみている。

昨年7月に同社の最高経営責任者(CEO)に就任したファブ リツィオ・フリーダ氏は3日、ニューヨーク本社で開いた記者団と の会合で、中国の600都市で同社製品の販売を検討していることを 明らかにした。現在は40都市で販売しているという。

エスティローダーの海外販売は、2009年6月期に同社売上高の 41%を占めた最大市場の米国よりも速いペースで拡大している。同 CEOによれば、今年は中国が売上高の約3%を占める公算で、今 年見込まれる売上高の伸びにほぼ10%寄与する。

フリーダCEOは「中国が当社にとってアジア最大の市場に成 長し、5年以内には恐らく売上高の10%を占めるようになるだろう」 と指摘。「長期的に中国事業に取り組む」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE