中国は3月にも元上昇容認の公算-社会科学院の張明氏(Update1)

中国社会科学院の国際金融研究セン ターの張明氏は中国証券報に掲載されたコラムで、中国が3月にも人 民元の再上昇を容認する可能性があるとの見解を明らかにした。輸出 が上向き、国際的な圧力が高まる中で、インフレ抑制を図る狙いがあ る。

国際金融研究センターの副責任者を務める張氏は、元が2010年に 最大5%上昇する公算があると予想した。同センターは経済政策につ いて政府に助言を行う。

張氏はコラムで、「輸出の回復は、中国経済の総需要が再び過熱に 向かいつつあることを意味する」と分析。「財政・金融政策は引き締め が比較的難しいが、元の上昇は同じような引き締め効果を上げるのに 役立つだろう」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE