金相場:「懸念」消え調整局面へ、売り持ちを推奨-バークレイズ

バークレイズ・ウエルスの投資ス トラテジスト、ブライアン・ニック氏は金相場について、投資家は下落 を見込み売り持ちになるべきだと指摘した。金相場を昨年、過去最高値 に押し上げる一因となった「懸念」は消えるとみている。

ニック氏はニューヨークからの電話インタビューで「金相場はある べき水準から外れていた」と指摘。「米国の債務が持続不可能と考える 理由はない。金相場は懸念を背景に割高な水準で取引されていたが、現 実的な水準に戻ってきている」との見方を示した。

ニューヨークの金先物相場は昨年12月3日、最高値の1オンス当 たり1227.50ドルを付けた。年間ベースでは9年続伸し、ジョン・ポ ールソン氏やポール・チューダー・ジョーンズ氏、デービッド・アイン ホーン氏らヘッジファンド運用者の投資を引き付けた。

ニック氏は「投資需要がこれほど大きな役割を果たしているため、 相場は引き続き調整局面に入りやすい状態にある」とし、「市場心理が 変化すれば、手じまいが急速に進む可能性がある。金供給は需要を大幅 に上回るだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE