英アパックスの投資家、ファンド820億円相当分を中国投資に売却

英投資会社アパックス・パートナ ーズの投資家は、プライベートエクイティ(PE、未公開株)投資 ファンドの約6億5000万ユーロ(約820億円)相当分を中国の政 府系ファンド、中国投資(CIC)に売却した。事情に詳しい関係 者1人が明らかにした。

同関係者が合意は非公開だとして匿名で語ったところでは、C ICは、112億ユーロ規模の同ファンドに2008年に出資した投資 家から額面価格で取得した。CICはアパックス自体にも2.3%出 資したという。

信用危機で買収案件が減少し、リターンが損なわれたことで、 一部の投資家はPEファンドへの出資計画を縮小しようとしてきて いる。PE投資会社の英ペルミラ・アドバイザーズや米TPGなど は、投資家が出資予定額を減らすことを容認してきている。ブルー ムバーグのデータによると、PE投資会社が主導した買収案件は昨 年800億ドル(約7兆2700億円)と、買収ブームがピークだった 07年の6640億ドルを大幅に下回った。

アパックスの広報担当、ベンジャミン・ハーディング氏は、C ICとの合意は当局の承認を得ていると説明した。金銭面での条件 は明らかにしなかった。CIC関係者への取材に対し応答は得られ ていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE