米AOLの10-12月:1株当たり1セントの利益-分離後初の決算

米メディア大手タイムワーナーか らスピンオフ(分離・独立)したインターネット会社AOLは、独 立後初の決算期となった2009年10-12月(第4四半期)に1株当 たり1セントの利益を計上した。ディスプレー広告収入の改善が寄 与した。

同社の3日発表によれば、純利益は140万ドルとなった。タイ ムワーナーがインターネット関連資産について評価損処理を行なっ た前年同期は19億6000万ドルの赤字だった。売上高は前年同期比 17%減の8億970万ドルとなり、ブルームバーグがまとめたアナリ スト9人の予想平均(7億830万ドル)を上回った。

AOLは昨年12月にタイムワーナーからスピンオフした。タイ ムワーナーは9年前の1240億ドル規模のAOL合併により、赤字 額が過去最大に膨らんでいた。

AOLの株価終値は前日比58セント高の25.23ドル。昨年12 月10日に取引が開始された同社の株式は、今年に入り8.4%値上が りしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE