米ムーディーズ:10-12月は15%増益、格付け需要の拡大が寄与

米格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスの2009年10-12月(第4四半期)決算は、 純利益が前年同期比15%増加した。世界的な信用危機の緩和を背景 に債務格付けの需要が拡大した。

ムーディーズの4日の発表によると、純利益は調整済みベース で1億190万ドル(1株当たり42セント)と、前年同期の8870万 ドル(同37セント)から増加した。ブルームバーグがまとめたアナ リスト6人の予想平均は41セントだった。

ブルームバーグのデータによると、信用市場が回復するなか、 米企業の昨年の社債発行額は41%増加し1兆2000億ドルに達した。 ムーディーズや同業スタンダード&プアーズ(S&P)にとっては、 格付け需要の拡大につながった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE