香港空港の貨物取扱量、世界一のメンフィスと差開く-不況が影響

香港国際空港の昨年の貨物取扱量が 前年比7.7%減少し、米小荷物輸送大手フェデックスが拠点とする取扱 量世界一の米メンフィス国際空港(テネシー州)に一段と水をあけられ た。世界的なリセッション(景気後退)が響いた。香港国際空港の取扱 量は335万トンにとどまり、メンフィスの369万8000トン(前年比0.04% 増)との差が拡大した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE