米GMAC:住宅金融と自動車ローン部門で約500人を削減へ

米自動車・住宅金融会社のGMAC は従業員を554人程度削減し、事務所3カ所を閉鎖することを計画し ている。米政府が過半数株式を保有するGMACは貸付損失に歯止め をかけようとしている。

GMAC広報担当のジーナ・プロイア氏によると、GMACの住 宅金融子会社レジデンシャル・キャピタル(ResCap)のカリフ ォルニア州コスタメサとノースカロライナ州シャーロットの事務所で 313人を削減する計画について、従業員に3日通知する。シャーロッ ト事務所は閉鎖され、リストラ後のコスタメサ事務所には約30人の 従業員がとどまる。また、自動車ローン関連業務を手掛けるセンペリ アン部門のシャーロットとテネシー州ノックスビルの事務所も閉鎖し、 241人を削減する。

GMACが4日発表する決算は、ResCapで住宅ローンのデ フォルト(債務不履行)が膨らんでいることから、2009年通期の赤 字が100億ドル(約9100億円)を超える見込み。投資家はResC apの支援をやめるようGMACを促してきた。プロイア氏は四半期 決算発表前にResCapの将来についてコメントするのを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE