NY金:3日ぶりに下落、ドル反発で売りに転じる-終値1112ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。 ドルが反発したことで代替投資先としての金の魅力が薄れ、3日ぶ りに下げた。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE) のドル指数は一時0.5%上昇。米経済が回復の兆しを見せるなか、ド ル買いが優勢となった。金は前日までの1年間で23%上昇した一方、 ドルは8.2%下落した。

MFグローバルのアナリスト、トム・ポーリッキ氏(シカゴ在 勤)は、「金相場の先行きに対する懸念は、ドルの動きに起因する ものだ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物4月限は前日比6ドル(0.5%)安の1オンス=1112ドルで取引を 終了。一時は0.8%上昇する場面も見られた。前日までの2営業日で は3.2%上昇していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE