ウォーシュFRB理事:企業解体権限だけでは危機再発阻止には不十分

米連邦準備制度理事会(FRB) のウォーシュ理事は、監督当局に金融機関を解体できる権限を新たに 付与するだけでは、今後の金融危機再発阻止には十分ではないと述べ た。

同理事は3日、ニューヨークでの講演で、「新たに金融機関の 解体権限を付与するのは喜ばしい前進だ」と述べながらも、「破 たん企業の解体権限を監督当局者の手に委ねても、金融危機の再発阻 止に必要な市場規律を短期的に導くことは難しいだろう」と続けた。

米議会は金融システムの規制見直しに向けた措置を検討してい る。ウォーシュ理事はこの日、前日の英紙フィナンシャル・タイ ムズに寄せた論説を繰り返し、市場の規律回復が必要だと訴えた。

同理事は「賢明な監督を補完する柱として市場の規律を取り 戻さなくてはならない。そうでなければ、最近一段と悪化した大 き過ぎてつぶせない企業の問題が金融システムを損ね、長期的に は実体経済に悪影響を及ぼす恐れがある」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE