ゴールドマン幹部、今年のトレーディング増収見込む-アナリスト

サンドラー・オニール・アンド・ パートナーズのアナリスト、ジェフ・ハート氏によれば、米ゴール ドマン・サックス・グループの幹部は、同社の1月のトレーディン グ収入が好調だったほか、2010年通年の債券部門の収入が過去最 高だった09年を上回る可能性があることを明らかにした。

ハート氏は先にゴールドマンのゲーリー・コーン社長、デービ ッド・ビニアー最高財務責任者(CFO)、証券部門共同責任者の デービッド・ヘラー、ハービー・シュワルツ各氏と会い、3日付で 投資家向けリポートを発行した。

リポートでハート氏は、「経営陣は、債券・為替・商品トレー ディング部門の多くの商品において、10年のトレーディング環境 が09年から容易に改善する可能性があることを示唆した」と説明。 ただ具体的な数字への言及はなかった。

ウォール街史上最も収益性の高い証券会社であるゴールドマ ンは、09年通期に過去最高益を計上。FICC部門の増収が寄与 した。

ハート氏は、ゴールドマンが昨年4-6月(第2四半期)と7 -9月(第3四半期)の収入が過去最高に達したとした上で、「経 営陣は1月の経営環境について、昨年の感謝祭前の状況と同様だと 語った」と説明。また、「ヘラー氏は全般的に好調だった1月のト レーディングについて、週ごとに違う分野が全体の伸びを引っ張っ たと述べた」と記した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE