欧州株:反落、ギリシャ以外に財政懸念波及-エレクトロラックス安い

欧州株式相場は反落。ダウ欧州 600指数は4日ぶりに下落した。ギリシャとポルトガル、スペインの 財政赤字に対する懸念が強まったほか、スウェーデンの家電メーカ ー、エレクトロラックスの四半期決算が予想よりも悪かったのが嫌 気された。

ポルトガルのエスピリート・サント銀行やスペインのポプラー ル・エスパニョル銀行は下落。エレクトロラックスは3年ぶりの大 幅安。フィンランドの鉄鋼メーカー、アウトクンプも値下がりした。 同社は四半期決算で赤字を計上した。

ダウ欧州600指数は前日比0.6%安の249.4。今年1月19日に記 録した年初来の高値からは4.2%値下がりした。

アジリ・ジェスションのファンドマネジャー、アルノー・スカル パチ氏は「ギリシャ以外でこれまで影響がみられなかったポルトガ ルなどへの懸念が強まっている」と述べ、「問題波及への懸念があ り、株価に若干の売り圧力となっている」と続けた。

エレクトロラックスは12%安。同社の第4四半期純利益は6億 6400万クローナに増加したものの、アナリスト予想の6億7100万ク ローナには及ばなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE