欧州債:独10年債下落、EUがギリシャの赤字削減計画に支持表明で

欧州債市場では、ドイツ10年債 が下落した。欧州連合(EU)がギリシャの財政赤字削減計画に対す る支持を表明したことを受け、ギリシャなど周辺国の金融混乱から安 全性を求めて資金を回避させる動きが後退した。

独10年債利回りは6週間余りで最低の水準付近から上昇した。ギ リシャのパパンドレウ首相は2日、燃料税の引き上げや公務員 給与凍結などを含む追加措置を発表した。EUの行政執行機関である 欧州委員会のアルムニア委員はこの日、ギリシャ案は市場への追い風 となるとの見方を示した。ドイツが48億ユーロ規模の5年債入札を実 施したこともドイツ国債相場の押し下げ要因となった。

カリヨンの債券戦略責任者、デービッド・キーブル氏(ロンドン 在勤)は、「ギリシャ首相は財政赤字削減に向けた追加措置を打ち出 した。市場は現在、このような材料を好感している」と述べ、 「この日は、ギリシャ債でショート(売り持ち)またはドイツ債をロ ング(買い持ち)のポジションにするのが困難だった」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時50分現在、独10年債利回りは前日比3 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.22%。同国債 (表面利率3.25%、2020年1月償還)価格は0.21ポイント下げ

100.25。独2年債利回りは1.13%と、前日からほぼ変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE