英国債:10年債利回り、一時3.96%に上昇-消費者信頼感の改善で

英国債市場では10年債利回りが 一時、今週に入ってからの最高を付けた。1月の英消費者信頼感が 改善し、経済回復の勢いが増しつつあるとの観測が広がった。

英住宅金融大手ネーションワイド・ビルディング・ソサエティ ーによると、1月の英消費者信頼感指数は前月比3ポイント上昇の 73となった。前年同月の水準のほぼ2倍に上昇した。これを受けて 2年債相場も一時、下落した。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、イング ランド銀行(英中央銀行)は4日の金融政策委員会(MPC)で、 政策金利を据え置くとみられている。また、昨年3月に開始した資 産買い取りプラグラムについては、購入額が2000億ポンド(約29 兆円)の上限に達したことから、停止が予想されている。

ロンドン時間午後4時半現在、10年債利回り利回りは3.91%。 一時は3.96%まで上昇し、先月29日以来の最高となった。同国債 (表面利率4.5%、2019年3月償還)は0.01ポイント上げ104.49。 2年債利回りは1.19%と、前日から2bp低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE