米ムービー・ギャラリー:破産法適用を申請、07年に続き2度目

映画レンタルチェーンで北米2位の ムービー・ギャラリーは米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの 適用を申請した。同社による破産法適用の申請は2007年に続き2度 目。

映画レンタルチェーンのハリウッド・ビデオを所有するオレゴン 州本拠の同社は、07年10月に最初の破産法適用を申請し、08年に脱 却した。世界最大の映画レンタル店チェーン、ブロックバスターや映 画レンタル・オンライン配信ネットフリックスとの競争激化により、 最初の申請までの2年間は損失を計上した。

07年の破産法適用申請文書によると、同社の資産は8億9200万 ドル。債務は14億ドルだった。バージニア州リッチモンドの連邦破産 裁判所に申請した。今回の申請もバージニア州。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE