1月の米ADP民間雇用者数:2万人減、純減幅が縮小

給与明細書作成代行会社のオー トマティック・データ・プロセッシング(ADP)エンプロイヤー・ サービシズが3日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、1 月の米民間部門の雇用者数は前月比2万2000人減少と、ブルーム バーグがまとめたアナリスト37人の予想平均(3万人減)とほぼ 一致した。

減少幅は過去2年間での最小。12月の改定値は6万1000人 減(速報8万4000人減)に修正された。昨年12月までの6カ月 間で、ADPの発表した民間雇用者減少数は米労働省の推定値より も50万人多かった。

ADPは事業会社からサンプル抽出して調査。民間企業のみを 対象としたもので、政府機関による雇用は含まれない。

アメリプライズ・ファイナンシャルのシニアエコノミスト、ラ ッセル・プライス氏は「トレンドは労働市場にとっては明るい方向 に向かっている。企業は景気回復が長続きすることに一段と信頼を 抱きつつある」と述べた。

1月の建設を含む財生産部門の雇用者数は6万人減少した。一 方、サービス部門は3万8000人増と、2カ月連続プラス。

建設部門の雇用者数は3万7000人減、製造業部門は2万5000 人減少した。

クしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE