米企業の社債保証コスト、1週間ぶり低水準を維持-CDS取引

3日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが1週間ぶり低 水準を維持した。民間調査で、1月の米民間部門の雇用者数の減少幅 が過去2年間で最小となったことが影響した。

米欧の社債保証コストの指標はいずれもほぼ変わらず。米食品メ ーカー、クラフト・フーズは英キャドバリーの買収資金を賄うため、 少なくとも40億ドル(約3640億円)規模の債券発行を計画している。

給与明細書作成代行会社のオートマティック・データ・プロセッ シング(ADP)エンプロイヤー・サービシズが3日発表したところ によると、1月の米民間部門の雇用者数は前月比2万2000人減少し、 減少幅は過去2年間で最小となった。

フェニックス・パートナーズ・グループによれば、北米の投資適 格級企業125社で構成するマークイットCDX北米投資適格指数(シ リーズ13)のスプレッドはニューヨーク時間午後4時2分(日本時間 4日午前6時2分)現在、0.25ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下の92.25bp。

JPモルガン・チェースの調べでは、投資適格級の欧州企業125 社で構成するマークイットiTraxx欧州指数は0.5bp下げて

81.5bp。

ソブリン債の保有リスクの指標が過去最高となったことから、両 指数ともスプレッドの下げ幅が一時より縮小した。スプレッド低下は 投資家心理の改善、上昇は心理の悪化を意味する。

CMAデータビジョンによると、ポルトガルやギリシャを含む欧 州15カ国政府のソブリン債のCDSスプレッドで構成するマークイ ットiTraxx・SovX西欧指数は5bp上昇し93.5bpと、過 去最高を記録。ロンドン時間午後4時(日本時間4日午前1時)現在 のデータでは、ポルトガルのCDSスプレッドは29bp上げて196b pと過去最高に達した。ギリシャは10bp上昇の397bp。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE