米ファイザー:10-12月期、増益も市場予想は下回る

医薬品最大手の米ファイザーの 2009年10-12月(第4四半期)決算は、純利益がアナリスト予 想に届かなかった。2010年通期の利益についても予想を下回るとの 見通しを示した。

ファイザーの3日の発表によると、純利益は7億6700万ドル (1株当たり10セント)と、前年同期の2億6600万ドル(同4 セント)から増加した。前年同期は鎮痛剤「ベクストラ」のマーケテ ィングに関連した訴訟の和解金23億ドルが利益を圧迫していた。特別 項目を除いた調整後の1株当たり利益は49セントとなり、ブルーム バーグがまとめたアナリスト予想平均の51セントに届かなかった。

同社は10年通期について、一部項目を除いたベースの1株当た り利益が2.10-2.20ドルになるとの見通しを示した。これはブル ームバーグがまとめたアナリストの予想平均を下回る水準。同社は昨 年10月に680億ドルのワイス買収を完了した。

10-12月期の売上高は前年同期比34%増の165億ドル。ワイス の医薬品獲得が寄与した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE