7億ドルの債券保証機構、日中が2億ドルずつ拠出-共同

東南アジア諸国連合と日中韓(A SEANプラス3)が債券市場育成の一環として7億ドル(約630 億円)の基金を持つ信用保証機構の設立で合意した、と共同通信が 3日報じた。日中が2億ドルずつ拠出するという。

報道によると、5月のASEANプラス3財務相会議で正式発 表する。アジアの企業は機構の保証を受けることで現地通貨建て債 券を発行して資金を調達しやすくなる。各国の通貨価値を加重平均 したアジア通貨単位(ACU)建てで債券発行も目指しており、共 通通貨につながる可能性もあると伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE