みずほなど大手5行の純利益、10倍の5434億円-4-12月決算・表付

三菱UFJフィナンシャル・グルー プ、みずほフィナンシャルグループなど大手銀行5グループの2009年 4-12月期(9カ月)の連結純利益は合計で前年同期の約10倍に当た る5434億円に急拡大した。株式関係損益が市場安定化に伴い改善した ことが主な要因。

各グループが3日までに発表した決算資料によると、三菱UFJと みずほが前年同期の赤字から黒字に転換。中央三井トラスト・ホールデ ィングス、住友信託銀行、りそなホールディングスは増益を確保した。 みずほ、りそな、住友信託は与信費用が改善。国債取引などに伴う市場 性収益の増加が利益を押し上げた銀行もあった。

通期純利益予想に対する進ちょく率は、住友信託がすでに100%を 超えた。みずほは63%、三菱UFJは72%にとどまっている。りそな は通期予想を1300億円に100億円増額修正した。

日本航空が年明け以降に法的破たんするなど銀行を取り巻く経営 環境は厳しさを増している。みずほなどでは日航向けの貸出債権や出資 に関して09年4-12月に必要な財務上の処理を実施するとしていた。

【09年4-12月期連結決算の概要と通期予想】
--------------------------------------------------------------
                                       4-12月期    通期
           業務純益   与信費用  株式損益   純利益   純利益予想
--------------------------------------------------------------
三菱UFJ    9878      -6277     -200       2171      3000
             (9501)    (-4335)   (-3263)     (N/A)     (N/A)
--------------------------------------------------------------
みずほ        5275      -2164      -168      1263      2000
             (4818)    (-2365)   (-1968)     (N/A)     (N/A)
--------------------------------------------------------------
りそな        2080       -771        34      1211      1300
             (2386)    (-1449)    (-354)     (5.6)     (4.9)
--------------------------------------------------------------
住友信託      1410       -221       -83       522       450
             (1813)     (-516)    (-376)     (156)     (466)
--------------------------------------------------------------
中央三井       775       -110        35       267       300
トラスト      (879)      (-39)    (-518)     (191)     (N/A)
--------------------------------------------------------------
注)単位億円。業務純益、与信費用のカッコ内は前年同期の実額。純利
益予想のカッコ内は前年同期比%。りそなの業務純益のみ傘下3行合算
ベース。中央三井の業務純益、与信費用、株式損益は傘下2行合算ベー
ス。三菱UFJは業績予想でなく目標。

--協力取材 河元 伸吾 Editors: Kazu Hirano Hidekiyo Sakihama

Philip Lagerkranser +852-2977-6626   lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE