香港株(終了):ハンセン、2カ月で最大の上昇-エスプリと富士康高い

香港株式相場は上昇。指標のハンセ ン指数が2カ月で最大の上げを演じた。昨年12月の米中古住宅の販売 成約件数が前月比で増加したことや、衣料小売りのエスプリ・ホール ディングス(330 HK)の2009年7-12月(上期)利益がアナリスト 予想を上回ったことが地合いを良くした。

エスプリは7.9%高。携帯電話端末の受託生産で世界最大手、富 士康(2038 HK)は5.6%上げた。沖合石油探査で中国最大手の中国海 洋石油(Cnooc、883 HK)は、今年の石油・ガス生産量を最大28% 増やす方針を示したことを手掛かりに9.4%上昇。ペトロチャイナ(中 国石油、857 HK)も3.3%上げた。アルミニウム生産で同国最大手の 中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は2.6%高。

インターネットサービスで中国大手の騰訊控股(テンセント・ホ ールディングス、700 HK)は、同国の携帯電話サービス大手、中国移 動(チャイナ・モバイル)による出資の観測を背景に買われ、6%高 で終了した。

ハンセン指数は前日比449.90ポイント(2.2%)高の20722.08 と、昨年11月30日以来の大幅な上昇率。ハンセン中国企業株(H株) 指数は同2.3%高の11838.72で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE