今日の国内市況:株は小幅続伸・債券軟調、円が全面安-アジア株高

日本株相場は小幅続伸。海外原油相 場の大幅高を受け、新日本石油や出光興産など石油関連株が買われた。 中外製薬や東洋ゴム工業、東レなど好決算を発表した銘柄も上昇した。 ただ、週末に米雇用統計の発表や欧州中央銀行(ECB)会合など重 要日程を控えて上値を追う動きは限られ、午後はこう着感が強かった。

日経平均株価の終値は前日比33円24銭(0.3%)高の1万404 円33銭。TOPIXは同2.86ポイント(0.3%)高の915.68。この 日の日経平均の高安値幅は80円と、今年最小。

注視されていたボルカー米経済回復諮問会議議長の上院議会証言 が米国時間2日に行われ、経営破たんした場合に経済全般に対し脅威 となる金融機関を対象に規制の強化を主張した。しかし、新規制の具 体策には踏み込まず、国際マネーフローの過度の収縮警戒感がひとま ず後退。投資家のリスク志向が回復し、2日のニューヨーク原油相場 は前日比3.8%高と、昨年9月30日以来の最大の上昇率を記録。米株 式相場も、主要株価3指数が上げた。

商品相場、米国株、為替と、日本株を取り巻く環境の落ち着きを 受け、東京市場では朝方から原油高による業績回復を見込む格好で石 油関連が上昇。化学や電機、機械など輸出関連の一角に買いが先行し た。

東証1部の騰落銘柄状況は値上がり1140、値下がり390。全体の 約7割が上昇し、東証規模別指数では大型株指数のみが下落した。

ただ、日経平均の上値は重く、一時0.2%安まで下げる場面もあ った。今週末には海外で重要経済指標の発表やイベントが目白押しで、 投資家は積極的に上値を追いにくい状況だ。4日にはECBの定例政 策委員会の開催、5日は米雇用統計の発表、カナダで7カ国財務相・ 中央銀行総裁会議(G7)が開催される。

債券は小幅安-株高が影響

債券相場は小幅安(利回りは上昇)。市場関係者からは、株価続伸を 背景に投資家は取引手控え姿勢を崩しておらず、週末の米雇用統計発 表を見極めようとの雰囲気が広がったとの指摘が聞かれた。

東京先物市場の中心限月3月物は前日比5銭高い139円17銭で始 まり、株価が下げに転じる場面では139円22銭まで上昇した。午後は 前日終値を挟む水準でもみ合いとなり、引けにかけて売りが膨らむと 139円4銭まで下落。結局は5銭安の139円7銭で終了した。

現物市場で新発10年物の305回債利回りは、前日の終値より0.5 ベーシスポイント(bp)低い1.345%で始まり、その後は昼過ぎまで 同水準での横ばい推移が続いた。しかし、午後に入るとやや水準を切 り上げる動きとなり、午後2時半前後からは0.5bp高の1.355%とな った。

円下落-リスク回避姿勢が緩和

東京外国為替市場では、午後の取引で円が主要16通貨に対して全 面安となった。アジアの株式市場が底堅さを維持していることから、 リスク回避姿勢が緩和し、低金利の円から資源国通貨などに資金が向 かう展開となった。

ユーロ・円相場は、午前の取引で一時1ユーロ=126円53銭まで 円安が進んだあと、ギリシャの財政問題をめぐる不透明感が強まった ことで、125円97銭までユーロ安・円高が進行。しかし、午後は126 円台半ば近辺まで円が売られた。

ドル・円相場でも1ドル=90円台半ば近辺と、前日のニューヨー ク時間午後遅くに付けた90円38銭から円安方向に振れて推移した。

この日は、中国株を中心にアジアの株式市場がおおむね堅調。米 国の株価指数先物もプラス圏で推移している。株価の予想変動率の指 標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指 数(VIX指数)は前日に1月20日以来、約2週間ぶりの水準まで低 下しており、投資家のリスク回避姿勢が緩和する可能性が示された。

ギリシャのパパコンスタンティヌ財務相は2日、アテネで開かれ た会議で、スペインやポルトガルも財政赤字削減で同様の問題に直面 していると述べ、ギリシャの財政悪化の多くはこれまでの政権の政策 が原因との認識を示した。欧州連合(EU)はこの日、ギリシャの財 政赤字削減計画に関する報告と提言を公表する見通しだ。

この日のユーロ・ドル相場は午前の取引で一時1ユーロ=1.3976 ドルと、3営業日ぶりのユーロ高値を付けたあと、1.3946ドルまで下 落。午後は1.39ドル台後半で取引された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE