P・リンチ氏の遺産に陰り、ボストン本拠のフィデリティはシェア低下

1999年の米投資信託会社上位10社 中3社を輩出したボストンの投信業界がシェア低下に見舞われている。 1977年から90年までピーター・リンチ氏の下でフィデリティ・マゼ ラン・ファンドが急成長して以来、ボストンの投信会社が伝統的に得 意としてきた銘柄選別に基づく運用手法はリテール(小口投資家)の 間で人気が失われつつある。

調査会社モーニングスターによると、ボストンに本拠を置くフィ デリティ・インベストメンツとパトナム・インベストメンツ、MFS インベストメント・マネジメントは昨年12月の株・債券投信(6兆 9000億ドル=約624兆円)市場シェアが12%と、10年前の21%から 低下した。フィデリティのシェアは首位から3位に後退、パトナムは 4位から26位に転落、1924年に最初の投信を設定したMFSは6段 階下がり16位になった。

過去10年間はS&P500種株価指数のリターンが配当再投資ベー スでマイナス9%と低迷し、ボストンの大手資産運用会社にとって特 に厳しい時期だった。個人投資家は積極的な運用手法の株式投信より も手数料が低く、ボストンの投信会社が得意としない指数連動型投信 にマネーをシフトしたためだ。運用成績がライバル会社よりも出遅れ たことも、ボストンの投信会社の影響力低下につながった。

1967年以来ボストンで資産運用に携わってきたエドワード・ラ イリー氏(65)は「銘柄選別するストック・ピッカーを崇拝した時代 は終わった」と話す。

評判が悪くなっただけではなく、ボストンの投信会社は人員削減 や、コスト抑制のための業務の州外移管に動いている。業界地図の変 化で最大の恩恵を受けたのは、低コストのインデックス投信を専門と するバンガード・グループ(本社ペンシルベニア州バリーフォージ) と債券ファンド最大のPIMCOトータル・リターン・ファンド (2020億ドル)を運用するパシフィック・インベストメント・マネ ジメント(PIMCO、本社カリフォルニア州ニューポートビーチ) だ。

モーニングスターによると、バンガードに過去10年で流入した 資金は4400億ドルと、株・債券投信会社では最高。同社最大のファ ンドは1070億ドル規模のバンガード・トータル・ストック・マーケ ット・インデックスで、米大型株1300銘柄のリターンに連動した運 用成績を目指している。ドイツの保険会社アリアンツの傘下にあるP IMCOは運用資産が2100億ドル増加し、業界3位の伸びを見せた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE