米モルガンS:収入に対する報酬の比率、今年は低下へ-WSJ紙

米銀モルガン・スタンレーのジェー ムズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、同行の純収入に対する 報酬の割合について、昨年は「過去最高」に達したものの今年は低下 するとの見通しを示した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(W SJ、オンライン版)がニューヨークで開かれた投資家会合での同C EOの発言を基に報じた。

同紙によると、モルガン・スタンレーが昨年支払った報酬は計144 億ドル(約1兆3000億円)で、純収入の62%に相当。ゴーマンCE Oは各部門の機能を存続させるために必要だったと説明した。今年は 報酬の減少はないものの、収入が増加するという。

-- Editors: _

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE