シャープ:10-12月期純損益は黒字転換-アナリスト予想は下回る

液晶パネル国内最大手のシャープ の2009年10-12月期の連結純損益は91億円の黒字だった。金融危機の直 撃で景気悪化局面にあった前年同期の658億円の赤字からは黒字転換し た。液晶パネルの市況改善、経費削減などが寄与した。

ただブルームバーグ・ニュースが集計したアナリスト4人の予想中 央値である98億円の黒字を下回っている。

同社が3日に東京証券取引所で発表した資料によると、10-12月期の売 上高は7353億円、営業損益は210億円の黒字(前年同期は159億円の黒 字)だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE