米SEC職員、ポルノ画像アクセスで1800回の「警告」-Wタイムズ

米証券取引委員会(SEC)の職員 が職場のパソコンでポルノ画像にアクセスし、17日間で1800回余り の警告をSECのコンピューターシステムに表示させていたことが分 かった。米紙ワシントン・タイムズ(オンライン版)が2日、SEC の記録を引用して報じた。

同紙によれば、この職員はSECの地方事務所に勤務する男性。 同様に職場でポルノ画像を見ようとした疑いで内部調査を受けた職員 や契約スタッフは全体で24人以上という。同紙は米情報公開法(F OIA)に基づき内部資料を入手した。

同紙によると、ポルノとみられるサイトへの「アクセス拒否」表 示を繰り返し画面に出したこの職員は、「一種の気晴らしだった」と調 査官に説明したという。

SECのジョン・ネスター報道官によると、複数の広告が表示さ れるため、1回アクセスしただけでも数十回のアラートが表示される 場合もあるという。同報道官はブルームバーグ・ニュースに対し、解 雇を含む「最も適切な処分を決定する」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE