中国:風力発電目標50%上げも、高速伝導推奨-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グル ープは、中国が2020年の風力発電能力の目標を50%引き上げると 予想し、電力関連機器メーカー推奨銘柄の筆頭として、中国高速伝 導設備集団を挙げた。

ゴールドマンのアナリスト、フランクリン・チャウ、ジューン・ チウ両氏がまとめた3日付の調査リポートは、高速伝導の推奨理由 を「政策主導の風力発電の伸びの恩恵」を直接受けられるためと説 明。20年の原子力発電能力の政府目標も2倍以上引き上げられると みている。

リポートはまた、東方電気の投資判断を「売り」で継続しなが らも「コンビクション・セル(強い売り推奨)」のリストからは除外。 風力、原子力発電事業の伸びを通じ、電力市場で長期的に優位に立 てるとの見通しを示した。

一方、哈爾浜動力設備(ハルビン・パワー)については、風力 発電の直接的な恩恵を受けられず、原子力発電の開発でも「同業他 社に後れを取っている」ため、不利な立場にあると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE