1月の米ISM非製造業景況指数、08年以来の高水準か-BN調査

米供給管理協会(ISM)が3日 発表する1月の非製造業総合景況指数は、この1年余りで最も高い水 準になりそうだ。景気回復が広がりつつあることを示唆するとエコノ ミストらはみている。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト75人の予想 によれば、1月のISM非製造業景況指数は51(中央値)と、昨年 12月の49.8から上昇する見通し。同指数は50を上回ると非製造業 活動の拡大を示す。米経済の約9割は非製造業が占めている。一方、 今年1月の民間部門雇用者数は、民間企業による人員削減がこの2年 間で最小にとどまったことを示しそうだ。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルのエコノミスト、 ザック・パンドル氏(ニューヨーク在勤)は「持続可能ながらやや緩 慢な回復にある」と指摘。「リセッション(景気後退)の間にサービ ス業は製造業ほど縮小せず、製造業ほど速やかに回復もしていない」 と語った。

ISM非製造業景況指数の発表は午前10時(ニューヨーク時間、 以下同じ)。ブルームバーグ調査での予想レンジは49-53。

給与明細書作成代行会社オートマティック・データ・プロセッシ ング(ADP)エンプロイヤー・サービシズがまとめた1月の米民間 部門雇用者数は、ブルームバーグ調査で前月比3万人減少(37社の 中央値)が予想されている。昨年12月は8万4000人の減少だった。 発表は午前8時15分。

-- With assistance from Chris Middleton in Washington, Chris Burritt in Greensboro, North Carolina, and Joseph Galante in San Francisco. Editors: Carlos Torres, Vince Golle

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Bob Willis at +1-202-624-1837 or bwillis@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christopher Wellisz +1-202-624-1862 or cwellisz@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE