エアバス:向こう20年のアジアの需要見通しを8000機に引き上げ

欧州航空機メーカーのエアバスは3 日、向こう20年間のアジア太平洋地域の商用機の需要見通しを引き上げ た。中国とインドの成長で、同地域では旅行客が増加している。

同社は向こう20年でアジア太平洋地域の航空会社が約8000機(1 兆2000億ドル=約108兆円)を購入するとの見通しを示した。従来 は7672機を予想していた。同社がシンガポールで開かれている航空ショ ーでの記者会見で明らかにした。見通しの対象となるのは座席数が100 以上の航空機。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE