ロンドン高級住宅価格、08年4月以来で最大の値上がり-物件不足

英不動産ブローカー、ナイト・フラ ンクによると、1月のロンドン高級住宅価格は買い手の増加と物件不 足を背景に2008年4月以来で最大の値上がりを記録した。

ナイト・フランクが3日に発表した資料によると、100万ポンド(約 1億4500万円)を超える高級一戸建て住宅と集合住宅の価格は前年同 月比で11.5%上昇した。前月比では1.1%上昇し、10カ月連続の値上が りとなったが上昇率は昨年8月以来で最も小幅にとどまった。また、 ピークを付けた08年3月の価格からも12%下回る水準にある。

ナイト・フランクの住宅調査責任者、リアム・ベイリー氏は発表文 で「価格にはまだ大幅な回復余地が残っているようだ」とした上で、 「買い手が市場に戻ってきた一方、売り手は数もごく少なく、まれだ」 と説明した。

ベイリー氏は、一部の住宅所有者は6月までに実施される総選挙の 結果が金融業界への規制やバンカーのボーナス税に与える影響を見極 めようと、物件を売りに出すのを控えていると分析。

同氏によれば、ロンドン中心部にあるナイト・フランクの事務所で 扱う売り物件数は、例年の同時期に比べ15-20%少なく、一方、1月 の購入見込み客数は過去5年間の平均より15%多かった。

ロンドンの高級住宅需要が拡大した背景には、海外の投資家が過去 2年間のポンド安の好機をとらえている状況もある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE