仏CFM:中国初の国産機向けエンジン、中国で組み立ての公算

仏CFMインターナショナルは中国 初の国産大型旅客機「C919」向けのエンジンを中国国内で組み立てる 公算が大きい。CFMのシャルール執行副社長が3日、ブルームバーグ テレビジョンに語った。エンジンに中国製の部品を使用する可能性もあ るという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 内田良治 Ryoji Uchida +81-3-3201-3396 ruchida2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE