中国の株式口座の新規開設件数、先週は4.7%減-株安響く

先週の中国の株式取引口座の新規開 設件数は減少した。政府が景気抑制に向けた措置を強化するとの懸念 から、中国株の指標である上海総合指数のパフォーマンスが世界の主 要株価指数のうち下から2番目に落ち込んだことが影響した。

株式売買の決済機関、中国証券登記結算によれば、1月29日終了 週の新規口座開設件数は31万422件に減った。1月22日終了週は32 万5576件だった。1月の週平均口座開設件数は28万9337件と、昨年 のピークだった7月31日終了週(70万617件)の3分の1強に落ち 込んだ。

上海総合指数は先週4.5%下落、過去2カ月間で最大の下げ幅を 記録した。月間の下落率は約8.8%。

華西証券のアナリスト、ウェイ・ウェイ氏(上海在勤)は「新規 の投資家には今のところ市場に参入する動機が何もない」と指摘。「株 式相場の下降トレンドが続けば、新規開設件数は減少し続けるだろう」 と予想した。

ブルームバーグ・ニュースの調査(中央値)では、金融政策当局 は6月末までに利上げに踏み切ると見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE