債券は小幅高、10年債入札通過で先物買い先行-株価続伸には警戒も

債券相場は小幅高(利回りは低下) で始まった。10年利付国債の入札を無難に通過したことから、需給悪化 懸念の緩和を背景に先物買いが先行している。一方、株価続伸を受けて 投資家の様子見姿勢が強まると上値は抑えられそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE