米シリコンバレー:テクノロジー企業の賃金、00年以降に14%減少

米グーグルやインテルが拠点を置 くシリコンバレーは、テクノロジー企業の賃金が2000年以降にほぼ 14%減少しており、ネット・バブル崩壊から完全に立ち直っていない 様子が示されている。

米労働統計局(BLS)が2日発表したリポートによると、2008年 の平均賃金は10万3850ドル(約940万円)と、00年の12万64ドル から減少。株価連動部分の価値低下が特に響いた。09年1-6月(上 期)は10万5500ドルと、08年の平均をやや上回った。

ネット・バブルの崩壊は、半導体メーカーやインターネット新興企 業、通信サービス会社の収益を大幅に減少させ、サンフランシスコか らサンノゼに至るシリコンバレー全体の人員削減のきっかけとなった。 BLSのエコノミスト、アマー・マン氏は、直近のリセッション(景 気後退)からの回復は遅くなる可能性が高いとみている。

マン氏は記者会見で、シリコンバレーについて「われわれも、徐々 に持ち直すU字型回復という認識だ」と指摘。過去の景気サイクルで は、ベンチャーキャピタル(VC)投資の減少がテクノロジー業界の 雇用の伸び悩みにつながったとし、今回の回復局面でもそうなる公算 が大きいとの見方を示した。

シリコンバレーのテクノロジー企業の従業員数は00年以降計13万 4000人減少。うち3万人は昨年6月までの9カ月間の減少分だった。 マン氏によると、現在の従業員数は約41万人。

-- Editors: Jonathan Thaw, Nick Turner

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Joseph Galante in San Francisco at +1-415-617-7163 o jgalante3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jonathan Thaw at +1-415-617-7168 or jthaw@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE